植村花菜 - トイレの神様 




トイレの神様

作詞:植村花菜・山田ひろし
作曲:植村花菜
歌手:植村花菜

小3の頃からなぜだか
小學3年級的時候
おばあちゃんと暮らしてた
不知為什麼 開始跟奶奶一起生活
実家の隣だったけど
明明就住在隔壁
おばあちゃんと暮らしてた
卻跟奶奶一起生活

毎日お手伝いをして
每天幫忙奶奶做家事
五目並べもした
還跟她一起下五子棋
でも、トイレ掃除だけ苦手な私に
但是十分討厭掃廁所的我
おばあちゃんがこう言った
奶奶對我說

トイレには
每間廁所
それはそれはキレイな女神様がいるんやで
都有著一位美麗的女神
だから毎日キレイにしたら
如果將廁所打掃乾淨
女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで
就能成為像女神一樣的美人哦

その日から私は トイレをピカピカにし始めた
從那天開始後的我 就每天將廁所打掃的乾乾淨淨
べっぴんさんに絶対なりたくて
絕對要變成美人啊
毎日磨いてた
每天都賣力的刷

買い物に出かけた時には
出門買東西時
二人で鴨なんば食べた
2人會吃鴨肉蕎麥麵
新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを 泣いて責めたりもした
我還哭著怪過奶奶沒幫我錄到吉本新喜劇

トイレには
每間廁所
それはそれはキレイな女神様がいるんやで
都有著一位美麗的女神
だから毎日キレイにしたら
如果每天將廁所打掃乾淨
女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで
就能成為像女神一樣的美人哦

少し大人になった私は おばあちゃんとぶつかった
稍微長大的我和奶奶發生衝突
家族ともうまくやれなくて 居場所がなくなった
跟家人也相處的不愉快 家裡沒有容身的空間


休みの日も家に帰らず 彼氏と遊んだりした
放假時也沒回家 只是和男朋友玩
五目並べも鴨なんばも 二人の間から消えてった
五子棋與鴨肉麵 就這樣從我和奶奶間消失了

どうしてだろう?
為什麼
人は人を傷付け
人總是要傷害別人
大切なものをなくしてく
總是要錯失掉最重要的東西
いつも味方をしてくれてたおばあちゃん残して
我丟下總是支持我的奶奶
ひとりきり 家離れた
一個人離開了家

上京して2年が過ぎて おばあちゃんが入院した
到東京過了2年 外婆住院了
痩せて細くなってしまった おばあちゃんに会いに行った
她變得好瘦好瘦 於是我去醫院見了她

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと
「奶奶!我回來了」
昔みたいに言ってみたけど
故意像以前一樣說
ちょっと話しただけだったのに
但沒說幾句 就說
「もう帰りー。」って
「我要回去了」
病室を出された
於離開了病房

次の日の朝 おばあちゃんは静かに眠りについた
隔天早上 奶奶靜靜地像睡著般走了
まるで まるで 私が来るのを待っていてくれたように
就像是一直一直等著我會來一般

ちゃんと育ててくれたのに
等著仔細拉拔長大
恩返しもしてないのに
卻不知回報她的
いい孫じゃなかったのに
不孝孫女一般
こんな私を 待っててくれたんやね
等待著這樣的我

トイレには
每間廁所
それはそれはキレイな女神様がいるんやで
都有著一位美麗的女神
おばあちゃんがくれた言葉は
奶奶這樣對著我說
今日の私をべっぴんさんにしてくれてるかな
現在的我還能變成美人嗎?

トイレには
每間廁所
それはそれはキレイな女神様がいるんやで
都有著一位美麗的女神
だから毎日キレイにしたら
如果每天將廁所打掃乾淨
女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで
就能成為像女神一樣的美人哦

気立ての良いお嫁さんになるのが夢だった私は
夢想成為溫柔好新娘的我
今日もせっせと、トイレをピカピカにする
如今還是一個人將廁所打掃的乾乾淨淨

おばあちゃん おばあちゃん ありがとう
奶奶 奶奶 謝謝你

おばあちゃん
奶奶
ホンマに
真的
ありがとう
謝謝你

影音引用自トイレの神様(廁所之神) / 植村花菜

創作者介紹
創作者 nottoyield 的頭像
nottoyield

問,清風何處去

nottoyield 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()